« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006-09-28

Chesky Records

Chesky Recordsは マルチマイクレコーディングに疑問を持ったDavid とNorman のChesky兄弟によって、1986年に始められた会社で、今年、創立20周年を迎えます。

”リスナーの理想的な視点からの自然な空間の音を捕まえた録音をしたい”との理念から、当初はワンポイントマイクでの録音を行っていたようです。

続きを読む "Chesky Records"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-09-25

Xin SuperMacro4 upgrade発表

Xin's Cool TalkでDr.Xinは最終型のSuperMacro4の発送を9/25から始めると公表しました。

同時にupgradeも開始するとのことです。

Xin's Cool Talk - New XIN amps with 4-channel technology
http://www.fixup.net/talk/topic.asp?TOPIC_ID=1759&whichpage=32

私のSuperMacroはいつ送ろうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-09-24

HD25 - K81DJとの比較

HD25も前回の毛玉取りmod?後、burn-inを続けましたが、全体の印象に変化はありませんでした。

solaris_recさんからハウジングの外し方を教えていただき、早速、fo.Qをハウジングとドライバ裏面へ塗布しました。ハウジング内には白い不織布の吸音材が入っていました。

続きを読む "HD25 - K81DJとの比較"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-09-22

SM4の不思議

Super Macro 4を通勤に使い出して3日経過しました。

タイトで力強い低音域、艶のある高音域、包まれるかのような音場。楽しいJR通勤をさせてもらっています。

original firmのiModでこの音が出るのなら、rockboxにしたらどうなるのだろう?Hornetでは感動するほど高音質になったので、フリーズ覚悟で再度rockboxをインストールしました。

続きを読む "SM4の不思議"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-09-19

SuperMacro4発進!

連休は台風に直撃され、停電に断水、家に大きな被害はなかったのですが、ひどい目に遭いました。我が家は3時間くらいの停電で済んだのですが(21から24時)、すぐ裏の家では朝まで電気が来なかったそうです。翌日は午後から断水。台風の片付けなどで水の需要が急激に増えたために、供給が追いつかなかったそうです。食事時にかからなかったので助かりました。ライフラインがやられるとお手上げですね。

続きを読む "SuperMacro4発進!"

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006-09-17

眠い

久しぶりの連休。夜中に思い立って、Senn HD595(Magic Red)のrecableを始めたら、こんな時間になってしまいました。

オヤイデのアニール処理済みの0.5mm純銀線をコネクター部までの配線に使い、ground側は、LC-OFCにしてみました。

”ベールが一枚掛かっているような”という評価は無縁のものとまりましたが、高音の伸びが今ひとつ。全部銀線にすれば良かったかなって思ってしまいます。

参考にしたのはRecabling Hd595 - Head-Fi (Headphone Hi-Fi and Portable Audio)
http://www6.head-fi.org/forums/showthread.php?t=126855&highlight=HD595

追記

recable後、しばらく鳴らしっぱなしにしていました。上下ともに再生帯域が伸びてきています。銀線独特の艶やかさと、銅線の柔らかさがともに感じられます。ground側をLC-OFCにして正解だったかも知れません。burn-inにもうしばらく掛かりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSA "The Hornet"

私のportable rigの中心となっているheadphone ampを紹介します。

Ray Samuels Audio The HornetというPortable ampです。 Music to Go!のささきさんがHornetの兄貴分にあたるRSA SR-71を愛用されていることは有名です。

                  

続きを読む "RSA "The Hornet""

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006-09-15

Rockbox - その後

Rockbox化したiMod、original firmに戻してしまいました。

確かに音は良いのですが、最近頻回にfreezeするようになってしまい、通勤のJRのなかで再起動を繰り返す毎日(T.T)

rockboxをversion upしたり、設定を変えても、いっこうに改善の気配がありません。

iPod Rockbox porting effort : http://www.rockbox.org/twiki/bin/view/Main/IpodPortを見ても、起動後30分くらいでfreezeすることが多いみたいです。解決策は今のところ、再起動のみって書いてありました。iPodPhoto60Gに多い現象みたいです。5GiPodでは起きないとか…5Gに導入してみようかな…!?

ところで、iPodの再起動って難しいと思いませんか?

メニューと選択ボタンを同時に押し続けてAppleマークが出るまで待つ、これがなかなか難しい。押すタイミングで何度やっても出てこないこともあります。

JRの中でAppleマークが出るのを待つのって辛いんですよね。いっそリセットボタンがあればって思ってしまいます。

でも、リセットボタンがついていたら、rockboxをそのまま使っていたでしょうね。

ColorMacから始まってPowerMacまで何度もfreezeで泣かされていたので、リセットボタンを押すのに、何の躊躇もありませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-09-13

GiftBox

家に着いたら、小さな包みが届いていました。

開けてみたら、ほらこの通り、

Macro1

Xin SuperMacroⅣです。

注文して約70日にして、やっと届きました。

電池は単4のEneloop 8本。

いつとも知れなかった、この日に備えて充電していたので、すぐに使うことが出来ました。

First Impressionはとにかくclear。

熟成に向け、burn-inをはじめました。ついでに、HD25のburn-inもやってます。

Xin's Cool Talk - New XIN amps with 4-channel technology
http://www.fixup.net/talk/topic.asp?TOPIC_ID=1759&whichpage=1

心配なのは、upgradeが必要かどうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-09-12

fo.Q

K81DJに塗った、fo.Qがどんな具合になっているか先日確認してみました。まるで壁材のようなツブツブ混じりの水性塗料をプラスチックに塗って剥げないのか不安だったのです。結果は杞憂に終わりました。ひび割れも見られません。遠慮して塗っていたため、素地がマダラに見えています。

前回の結果に気をよくして、思い切って、2度塗りを行いました。今度は、cavity全面に均一に塗ってみました。ドライバー側のプラスチック部もきっちりfo.Qでコーティング。乾燥するまでに少々時間は取りましたが…

前回まではフルオーケストラのフォルテシモの時にはキャビティが共鳴している感じがあったのですが、これがほぼ消失。今、Mahler N0.1を効きながら書いています。

recable+fo.Qで、私にとっては、ほぼオールマイティなporatable phoneに仕上がったと思っています、の、つもり…

last modじゃなくなってしましまし(^_^)

気まぐれで、まだまだ変わるかも…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-09-09

毛玉取り

持ってて良かった、毛玉取り!?

HD25、burn-in約120時間での感想。

Adagop d'Albinoni(Gary Karr) : ホール内でパイプオルガンの鳴る場面での空気感、臨場感がない。弦の響きに艶がたりない・・・。

HUSH(Yo-Yo Ma,Bobby Mcferrin) : チェロのピチカートが響いてこない。全体に艶やかさが欠除している…。

前回入れたビロードの起毛を短くすることにしました。そこで活躍するのが、セーターの毛玉取り。起毛を短く切りそろえて、再試聴。

Gary Karrの方は大分改善され、ほぼ満足。

HUSHでは中高音域の艶がまだ足りない。

もう少しburn-inを進めますが、最終的にはインサートを取り除いてしまうかもしれません。

皆さんはどうしているのでしょう?お知恵を貸していただけませんか(m_m)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-09-08

AKG K81DJ last mod?

すでにheadphileのSennV2 BlackSilverでrecableしたAKG K81DJですが、低音域のtightさに不満が残ったため、ちょっと手を加えてみました。

続きを読む "AKG K81DJ last mod?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-09-06

RockBox

Hddp 左からiHP-140 , iPod 30G(5G) , iMod 60Gです。

iHP-140とiModはRockBoxをインストールしています。

Rockboxは、有志の方々によって開発されているオープンソースのポータブルプレイヤー向けファームウェアです。iriver向けのファーム開発が先行していますが、iPodのファーム開発も進んでいます。

RockBox Wiki : http://www.rockbox.org/twiki/bin/view/Main/WebHome

まず、iHP-140をRockBox化して、ALACで保存していたライブラリーをHP-140で再生できるようにしました。現在はZhaoluD2とoptical接続してHomePlayerとなっています。

Head-Fi等で、RockBoxの高音質が話題になっていたため、ModのRockBox化に挑戦。

PukiWiki(hikoさん)
http://somewhere.babyblue.jp/wiki/pukiwiki.php?ReadMe
を参考にしました。

font , wps ,themaはluminol's Homepage
http://luminol.hp.infoseek.co.jp/からダウンロードしました。shnmk12-nim-lu-uni.fnt、luminol2.wps、luminol2-shnm.cfgを使わせていただいています。

RockBox本体は                                           iPod Experimental :: Rockbox Build
http://www.senab.co.uk/rockbox/
のものを使っています。頻回にversion upをしています。patchがあたっていて便利です。

RockBoxのスクリーンと見慣れたiPodのスクリーンです。 音質は明らかにRockBoxの方が上です。透明感が増し、レンジが一回り拡がった感じがします。突然フリーズしたりすることがありますが、original firmの音には戻れません。  設定を変更しながら、freezeしないよう試行錯誤している毎日です。

Imodr_1Ipod

あと数ヶ月すれば、もっと安定してくれるんじゃないか、と祈っています。ただ、電池の消費が半端じゃありません。iModには1000mAHのリチウム電池を入れていますが、5時間半くらいしか持ちません。これの改善は難しいのかも…。

通勤に往復1時間使いますが、仕事場で隔日充電しています(^_^)                           

追記                                                                                      

iTuneを使っている場合は、前もって自動更新をoffにしておいてください。iPod内のファイルは妙な形で多数のフォルダ内に入っています。これを削除し、iPodのrootにフォルダを作り、コンピュタ内の元ファイルをそこにコピーした方が良いと思います。私の場合は"Music"にしています。音楽しか入れるつもりがないもんで。             rockboxを使いたくなくなっても、rockboxをアンインストールし、"Music"フォルダを除去し、iTuneで更新すれば、元通りのiPodになります。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006-09-04

HD25 No2

burn-inを始めて約30時間。sound stageは大分拡がり、低音もtightになってきましたが、まだ高音の暴れはおさまりません。気になったのはリファレンスのAudiotechnica W5000で聞こえるウッドブロックの音が引っ込んでいること。

もしやと思い、イアパッドとドライバのスポンジを取り除いてみたところビンゴ!

Padドライバむき出しだと精神衛生上よろしくありませんし、高音の暴れが目立ちすぎるので、薄いビロードを厚紙に貼り付けたものを入れることにしました。これでウッドブロックの音も前に出てきましたし、高音の暴れも押さえられます。

あとはburn-inを進めるだけ(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-09-03

HD25到着

サウンドハウスに注文していたSennheisei HD25が届きました。

続きを読む "HD25到着"

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2006-09-01

My三線(4棹目)

三線ってご存じですか?サンシンって読みます。

沖縄音楽でお馴染みの、蛇の皮が張ってある3弦の楽器です。大和三味線と調弦は同じです。

(ギターでのネック)の材質が重要とされ、高級な方から、八重山黒木(八重山産の黒檀、現在は伐採禁止)、黒木、縞黒(紫檀)、カマゴン、モクマオウ、ユシ木などがあります。

は、音は良いけれど、経年変化により破れるため、数年に一度張り替えが必要な本皮(ニシキヘビ、海外で養殖しているようです)、メンテフリーな人工皮(ナイロン製)、見た目重視?の二重張り(ナイロンの上に蛇皮を張った物)があります。

楽譜は工工四(クンクンシー)と言います。

Photo漢字が並んでいるだけのようですが、ドレミが漢字で表現されているだけですので、楽器をやっていた人なら、すぐ慣れると思います。ただ、曲を聴いたことがないと、リズムが取れません。

6年前に沖縄に行ったとき、1棹目のユシ木の人工皮を購入しました。少しずつ弾けるようになると、材質の違う物や、型の違う物が欲しくなり、黒木の本皮、縞黒の六線(弦が6本、12弦ギターを思い浮かべてください)と増えていき、今年8月に4棹目を入手しました。

モクマオウの本皮で棹の型が久葉の骨といわれる物です。

行きつけの宜野湾市の松田さんで購入しました。

 さんしんの松田ホームページ : http://www.e-34ya.com/

Photo
本皮なのでメンテには気を遣いますが、さすがにいい音がします。

気持ちを落ち着かせるには最高ですね。

問題は、なかなか弾く時間取れないこと。

ほかにいろいろ手を出しすぎてしまって…(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »