« Rockbox - その後 | トップページ | 眠い »

2006-09-17

RSA "The Hornet"

私のportable rigの中心となっているheadphone ampを紹介します。

Ray Samuels Audio The HornetというPortable ampです。 Music to Go!のささきさんがHornetの兄貴分にあたるRSA SR-71を愛用されていることは有名です。

                  

Hornetは2005年から販売が開始されました。ミリタリーグレードの高級パーツを使っているようです。特徴は3段階のゲイン切り替えスイッチが付いていること、充電式の9V電池を使いますが、コンセント入力からでも駆動が可能です。この2点がSR-71との大きな違いになります。サイズ的にもかなり小振りですが、厚みがあるため、iPodと一緒にポケットに入れてという使い方は少しきついと思います。ボリュームノブが小さく使いにくいので、水道用のOリングをノブにはめています。これだけで、格段に使いやすくなりました。

Hornet音質面ですが、SR-71は豊かな音場と分離の良さを特徴としています。Original Hornatはライブハウスでの音を目標としたようで、臨場感があり、タイトで力強い低域が特徴でした。ただ、Burn-inに時間がかかり、真の実力を発揮するのに300時間以上が必要です。今年6月にModified Hornetが発表になりました。よりSR-71に近づけた音作りになっているようです。私のHornetはOriginalからModifiedへupgrade?しています。Modified Hornetは音場がかなり広くなっていますが、Originalのような低域の力強さは薄れています。バッテリー駆動とコンセント駆動との違いですが、バッテリー駆動の方が、音場感・透明感・音の分離ともに優れているようです。バッテリーはスイッチオフの時は2-3時間で充電が完了し、15時間程度は連続駆動が可能です。

$350と決して安い買い物ではないですが、品質・音質・アフターケアともに安心できる製品だと思います。

Ray Samuels Audio:http://www.raysamuelsaudio.com/index2.html

加筆

Hornetは入力音源の音質が良いとおどろくほど良い音を奏でてくれます。

Hornetの評価が今ひとつなのにはこういうことも関係しているのかも知れません。iModからのALAC再生もoriginal firmとrockboxでは雲泥の差です。

HomeAudioに繋いでみるのも面白いですよ。

|

« Rockbox - その後 | トップページ | 眠い »

コメント

バッテリーとアダプター両方楽しめるのは便利ですね。
音の違いも楽しめるようで。(^^
SR-71と同じ程度の音ならば絶対に満足できる・・
と思っていても、更に上を求めてしまうのでしょうね。(笑)

投稿: rabbitmoon | 2006-09-13 00:09

そうなんですよね。f(^ー^;
先日Xin SuperMacro4が到着しました。
ただ今、burn-in中です。

投稿: Sulcata | 2006-09-13 13:27

sulcataさん、みなさん大変ご無沙汰しておりました。
今日いよいよ憧れであったRayさんのHornetを注文しました。
到着するのがとても楽しみです。

投稿: naoyuki | 2007-02-25 15:49

>naoyukiさん
Hornet getおめでとうございます。
burn-inに時間がかかりますが、その変化を楽しむのも面白いかと思います。
今思うと、original Hornetもなかなか良かったですね。

投稿: Sulcata | 2007-02-26 08:29

>naoyukiさん
おめでとうございます。
わたし、まだRSAのポータブルアンプ聴いたこと無いです。
そのうちにと思っているのですが。

投稿: ひっちょ | 2007-02-26 20:13

>sulcataさん、ひっちょさん

ありがとうございます^^

RSAのちょっとオカルト的なエージング変化を早く楽しみたいです。
Go-Vibeにエージングはほとんど必要ない感じでしたから。

投稿: naoyuki | 2007-02-26 20:35

>naoyukiさん
Hornet getおめでとうございます。
エージングって何かワクワクしますよね。

投稿: Taiki-Mo | 2007-03-05 08:08

>>Taiki-Moさん

お久しぶりです。
まだ届いてないのですがエージング過程が
Head-Fiなど見ていて興味津々でした^^
RSAのアンプはどれもエージング楽しめそうで良いですね♪

投稿: naoyuki | 2007-03-05 22:23

私もhornetを所有しておりますがOriginalとModifiedの2バージョンあるそうですがその見分け方は後のシリアルの最後のアルファベットが関係してくるのでしょうか(私のはMでした)。あと只今Picoがかなり気になります。ホーネットと比べるとどんな感じでしょうか。

投稿: わた | 2008-01-30 18:07

>わたさん
はじめまして。
Hornetのシリアル番号の最後にMが書いてあるのがModified、何も書いてないのがOriginalです。
PicoとHornetの違いですが、電池の保ちはほぼ同等(少しだけPicoの方が良いかもしれません。Hornetは予備電池を持ち歩ける利点があります)、低域はHornetの方が出ていると思いますが、PicoもBurn-in 300時間くらいから大分出るようになっています。
高域と音場はPicoの圧勝です。
総合的に見てPicoが優れていると思います。
この上を行くXin SuperMacro4は化け物ですね(笑)

投稿: Sulcata | 2008-01-30 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/11841122

この記事へのトラックバック一覧です: RSA "The Hornet":

« Rockbox - その後 | トップページ | 眠い »