« Chesky Records | トップページ | どうにかなるさ! »

2006-10-01

ATH-EW9

Ew91_5 audio-technica ATH-EW9といえば北海道産アサダ桜の無垢削り出しハウジングで有名です。

アサダ桜はW-2002.L-3000などの名機に使われている音質的に優れた木材です。近年、資材不足といわれています。EW9のその外観は所有欲を満たすに充分ですが、音質的にはさほど評価されていません。

EW9は低音が出ない、といわれています。ユニットからは充分低音も出ているのですが、音漏れにより低音が失われてしまいます。

EW9は装着の仕方で、全く音が変わります。ふつうのように耳に乗せる形だと、音場も狭く、せっかくの中高音域の艶も消えてしまいます。

Ew92_1 写真のように耳の前の方に装着するのが正解のようです。オーテクのマークが耳珠のあたりに来るようにするのがいいようです。

コツは、耳たぶの2番目の突起(解剖でいうところの対輪)の内側にユニットを落とし込み、イアハンガーで微調整することです。

この装着法だと、おどろくほど音場が広くなり、低音不足は否めないですが、オーケストラなども良い雰囲気で聴くことが出来ます。

ただし、盛大な音漏れがありますので、屋外での使用には向きません。

|

« Chesky Records | トップページ | どうにかなるさ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/12109013

この記事へのトラックバック一覧です: ATH-EW9:

« Chesky Records | トップページ | どうにかなるさ! »