« システムとしてのポータブルオーディオ | トップページ | Dr,Xinからのメール »

2007-11-12

木のポータブルヘッドホン

audio-technicaのwood seriesはこれで3つめ。

ATH-W5000は私のリファレンスになっています。

audio-technica ATH-EW9 ウッドハウジングのポータブルヘッドホンです。

木の響きをポータブルで味わえるのかと思って、つい買ってしまいました。

 

 

 

 

箱から出してすぐの時は籠もり感が気になりました。”失敗したかな?”と思いつつ、burn-inを開始しました。

約100時間経過すると、籠もり感も気にならなくなりました。
低域は充分低いところまで出ており、高域はaudio-technicaらしい繊細な音です。
音場は小さなホールで聴いているような印象ですが、悪くはありません。
ヴィバルディの”四季”などは気持ちよく聴けます。

そのままで充分ポータブルのメインとなりうると感じました。

しかし、箱庭的な印象がぬぐいきれず、フルオーケストラの曲では不満がたまってきました。

 

 

           Esw91

イアパッドを取ると薄い不織布でドライバーは大半がカバーされていました。
ここまではたぬきさんのブログで解っていたので、ねじ穴とおぼしき所を切り取りました。
4本の+ネジで固定してありました。ネジが小さく、精密ドライバーでないと開けられません。

           Esw92

ドライバーを本体から外すとこんな感じです。後面にはグラスウールが少量入っていました。キャビティーが狭いので、この位の吸音材は入れないと低域が出ないでしょうね。

           Esw93

アフリカンパドックのハウジングを外したところです。ケーブルは本体の金属部を貫通しており、太いケーブルは入りそうにありません。

MOGAMI 2534で両出し用のケーブルを作ってみました。
当然いつものBlackMax方式にしています。
当初はナイロンスリーブでいこうと思っていたのですが、入りそうもないので分岐部以降は熱収縮チューブのみとしました。
ドライバーの裏側はfo.Qで処理しました。

           Esw94

こんな感じで完成しました。

肝心の音ですが、音場が非常に広くなりました。低域は沈むような低音まで聴き取ることが出来ます。”鼓動”の大太鼓もかなりの解像度で表現してくれます。高域は充分に伸びきっており、ヴァイオリンの高音でもストレスを感じません。音全体がオリジナルのケーブルではやや引っ込んだ印象を受けましたが、このケーブルだとかなり見通しが良くなります。

ここ数日、これを通勤に使っていますが、あんまり音漏れはしていないようですが、RP-15MC,HD-25,K81DJなどと比べると遮音性が低いのが難点です。
しかし、この音は素晴らしいと思います。雨の日以外はメインになりそうです。

APure Soundのケーブルとの違いを確かめてみたいと思い、portable cableを注文しています。どんな感じなのか楽しみです。

最後に audio-technica wooden brothersです。

           Wooden_brothers

         左からATH-W5000 , ATH-EW9 , ATH-ESW9

|

« システムとしてのポータブルオーディオ | トップページ | Dr,Xinからのメール »

コメント

やはり穴を開けないと外せないのですね、
う~む、どうしたものか・・・。

投稿: Chris | 2007-11-12 20:47

お見事!!ヾ(≧▽≦)ノ
期待を裏切らない改造、敬服至極でございます。(w
素性が良い素材の改造は楽しいですよねぇ。(^^

投稿: rabbitmoon | 2007-11-12 20:58

>Chrisさん
最初は剥がそうとしたのですが、到底無理と判断して穴を開けました。ApureSoundに依頼すると、もっとスマートにしてくれるのかもしれません。

>rabbitmoonさん
素性が良いと、改造に応えてくれるのでうれしくなります。
Equation RP seriesもそうでした。

投稿: Sulcata | 2007-11-12 22:04

いやーきましたね。
早速躊躇する事なく改造する所にかっこよさを感じます。かなり、アウトドアーには使えるみたいですね。真似してみたくなりますよ!!
でも、お金が。
僕はなんか、こいつにひかれます。
ttp://www.dolphinmusic.co.uk/page/shop/flypage/product_id/31326

投稿: たいぞー | 2007-11-12 22:54

意外とシンプルな配線ですね。
これなら、バランス化も...。( ̄  ̄;)☆\(--

まじめな話、ポータブルの最有力候補だったのですが、遮音性とか音そのものとか、もう一声って感じでした。

投稿: rx78 | 2007-11-12 22:56

>たいぞーさん
音が良くなるのは解っているので、躊躇はしませんよ(笑)
Equation XB1はRP-22Xの一世代前のモデルみたいですね。

今のところはアウトドア用はESW9か15MCです。

>rx78さん
4芯ケーブルでリケーブルすればバランス化は簡単に出来ますよ。
ESW9は遮音性は今ひとつですが、鳴らし込むといい音になります。
私のはリケーブル前に100時間、リケーブル後にも100時間以上連続再生させています。この位鳴らさないと籠もり感も取れてきません。
この機種の魅力はやはり木の響きにあると思います。

投稿: Sulcata | 2007-11-13 00:01

いつも参考になります。
音自体は嫌いでなかったのですが、
音場が広がるのは良いかもですね。
うむむ…。

APure Soundのケーブルとの違いの
レビュー楽しみにしています。

投稿: ARK | 2007-11-18 11:42

先日アキバでEquationのヘッドホンを4種類とも試聴しましたが、かなり良いですね。
ATH-ESW9は遮音が良ければなぁって感じです。
ついでに言うと、有楽町のケンウッドショールームHD60GD9ECを試聴したことあるのですが、音場がすごいです。市販のヤツ(HD60GD9?)も音場が良いですが、もっとです。ポータブルアンプ無しで使いたいときにはいいと思います。
最近は試聴専門です(笑)

投稿: ひっちょ | 2007-11-20 01:24

>ARKさん
APure Soundのケーブルはもうすぐ届くと思います。
ARKさんの好みからするとESW9は今ひとつかもしれませんね。
もっと繊細で音離れの良いヘッドホンの方が向いているのかな?

>ひっちょさん
Equationはなかなかでしょう!
ESW9は遮音性は良くありません。ですから路上で使っても安全です(笑)
HD60GD9ECも興味はあるんですが、私のライブラリーはApple Losslessなもんで、この変更が面倒なんです。なもんで、iMod(4G)をもう1台入手することにしました。

投稿: Sulcata | 2007-11-20 01:39

iMod4genはいつの間にか値上げしてますね。
私は160gigaのiModが出るまで待つつもりです。

投稿: ひっちょ | 2007-11-20 21:04

>ひっちょさん
本当に$50も値上がりしていますね。
私がお願いしたのは11/10頃でしたが、その頃はまだ$199でした。
ラッキーでした(笑)
BlackGateが発売中止になったのと関係しているのでしょうか?

投稿: Sulcata | 2007-11-20 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/17048880

この記事へのトラックバック一覧です: 木のポータブルヘッドホン:

« システムとしてのポータブルオーディオ | トップページ | Dr,Xinからのメール »