« キタ━━(゚∀゚)━━!! | トップページ | 久しぶりに… »

2008-06-14

LT1358

通勤でMDR-EXQ1を相変わらず使っています。

以前の記事Picoを使っていると書きましたが、それには訳があるのです。

最初はXin SuperMacro4を使っていたのですが、音場は広いものの音が散漫になってしまって、音楽の芯がなくなってしまっていたのです。HFI-650ESW9では良かったのですが…

 

3rd&4thのオペアンプをLT1028に変えたのが原因かなと思い、オペアンプをいろいろ物色していました。

 

 

 

 

 

OPA627や637も考えていましたが、すべてBurrBrown製になってしまうのが引っかかって…

 

そんな時にHead-FiでZEROのスレッドを読んでいて、LT1358を試してみたくなりました。

ネットでもあまり評判を聞かないオペアンプでしたが、ダメ元で入手してみました。

 

一晩鳴らし込んでみましたが、なかなか良いです。

音場は若干狭くなりましたが、その分音の密度が上がり、中抜け感がなくなりました。

HFI-650でも低域の弱さは感じません。

これならヘッドホンからイアホン・カナルホンまで使えそうです。

SupreMacro4はしばらくこの組み合わせで使ってみます。

また不満が出てきたら、そのときに考えます(笑)

 

 

ついでにLittle Dots MicroTubeのオペアンプもLT1358に変えてみました。

当初はLM4562だったのですが、力感が今ひとつと感じたのでZhaoluD2に付いていたDY2000に変更していたのですが、広域の荒さが多少気になっていたのです。

こっちは2晩ほど鳴らし込みました。

音場は確実に広がりました。GCHAとほぼ同等かな?
音の質はHybrideなので真空管らしさが残っています。

このアンプ、やっぱり私は好きです。
あまり評判になりませんでしたけどね…

|

« キタ━━(゚∀゚)━━!! | トップページ | 久しぶりに… »

コメント

私も似たような経験があります、
空間を広げすぎると音が散漫になってしまい
家で聴いてる分には問題ないのかもしれませんが、
外で使うと聴き取りづらくなりますね。
ある程度密度がないと外では使いにくいです、
そのバランスがまた難しいのですよね・・・。

投稿: Chris | 2008-06-16 14:08

お久しぶりです。
私はLyrix Pro USB total に、pro650を試したのですが、
音場と高域がイマイチでどうしょうって悩んでます。
Sulataさんとは逆ですね。
低音はかなりきてるんですが。
手持ちのIEだと結構良い感じなのですが、相性が重要ですね。

投稿: たいぞー | 2008-06-17 01:29

>Chrisさん
音場と音の密度、ポータブルで両立させるのは難しいです。
Picoもヘッドホンによっては少しばかりそんな傾向があって、ポーカルが引っ込んでしまうことがあります。
ヘッドホンやイアホンを取っ替え引っ替えしていると尚更です。
やっぱり奥が深いです。

>たいぞーさん
Headstageもオペアンプが交換できますよね。
AD8397をAD8620に換えると音の変化が楽しめそうですね。
やり出すとキリがないですがf(^ー^;

投稿: Sulcata | 2008-06-17 11:13

AD8620に変更ですか。
簡単ならやってみたいですね。
ただドド素人なので、いじり壊しが怖いですw
単車でひどい事になりましたww
>やり出すとキリがないですがf(^ー^;
最近気付いたのですが、以前と比べて金銭感覚がくるってます。
怖いですねw

どっぷり、いっちゃいましょうかw

投稿: たいぞー | 2008-06-18 00:52

>たいぞーさん
写真を見る限りDIPソケットのようなので、変換基板装着済みを購入すれば交換は簡単だと思います。
ヤクオフではoitafactoryさんがお勧めです。

投稿: Sulcata | 2008-06-18 09:01

sulcateさん、ありがとうございます。
では、どっぷり逝ってきます!

投稿: たいぞー | 2008-06-18 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/41532623

この記事へのトラックバック一覧です: LT1358:

« キタ━━(゚∀゚)━━!! | トップページ | 久しぶりに… »