« 中華DAC&(Audio-Gd FUN) | トップページ | Weston3,UM3XとKlipsch ear chip »

2010-02-07

Audio-gd FUNの現状

Audio-Gd FUNを入手してから1ヶ月間、モジュールを入れ替えながらburn-inをすすめていきました。

 

たぶんベストだろうと思わせる組み合わせが決定しました。

 

 

 

 

 

 

結果から行ってしまえば、Ver.Aの構成にDAC部のOPAをOPA-Earthに載せ替えるだけです。

これならVer.A 330USD + OPA-Earth 22.5USD = 352.5USDで済みます。

 

DIR/DA modulesはDIR9001+DA1852の組み合わせが、音のクリアさや繊細さ力強さとも、他の組み合わせから頭ひとつ抜きんでています。
当初、高域がきついと感じたのはOPA-SUNV2の影響が大きかったようです。
DIR8416はジッターがDIR9001より4倍以上多いということから音のクリアさを削いでしまうようです。DA8740はwarmな音色なのですが、やや繊細な音の表現が苦手な感じがしました。
もしDA8740を使うのなら、DA用のOPAはSUNにしたほうがバランスがとれると思います。

DAC部の評価はDAC outをGCHAに繋げて評価しました。

Output modulesもDiamond outputとFET output moduleを比べましたが、Diamond outputのほうがやや音場は狭いもののタイトかつ充分な低音から伸びと艶のある高域まで再生してくれます。
FET output moduleはburn-inに200時間以上かかりました。音場は広く、低域も量は出ているのですが、フォーカスがぼやけてしまうために低域が弱く感じられてしまいます。
Gain moduleのACSS(Audio-gd Current Signal System)との相性が悪いのかもしれません。

ACSSの特徴なのかは解りませんが、headphone ampのゲインを下げてもVolumeを回した方が音が良いような印象があります。

 

DAC付きのヘッドホンアンプも国産で出回りはじめましたが、この値段でこの内容はちょっと考えられないと思います。

ヘッドホンアンプのステップアップをしても、DAC+プリアンプとして使えますし、サブシステムとしても最適なのではないでしょうか?

先代のCompassは職場でのPC audio用に引っ越ししていきました。

 

あと望むことは、1)USB入力が96kHz/24bit対応になること、2)DIR9001の198jHz/24bit版が出てくれることくらいです。

 

 

Reference3(Upsampling converter)を入手してみたいなあ…

|

« 中華DAC&(Audio-Gd FUN) | トップページ | Weston3,UM3XとKlipsch ear chip »

コメント

いやーこれ安いから据え置きに欲しかったりしてます。
今はまだ中華オーディオって二流三流のイメージなんでしょうけれども
こんなに価格差がついてしまうとお高い欧米の製品が吹っ飛んでしまいそうですね

投稿: zorotto | 2010-02-07 11:21

>zorottoさん
FUN、サブシステムには最適かと思います。
作りも良いですし、なんといっても対応の早さがピカイチですからね。

投稿: Sulcata | 2010-02-07 12:39

こんばんは。自分のFUNも、ヘッドホンだとちょっと高域がきついなぁと感じていたのですが、OPAがSUNだからなんですね。
CompassにつけていたEarthがあるので、今度交換してみます。
最初、EarthとSUNを聴き比べた時はエージングなしだったのであまり違いが分かりませんでした。
さすがにもうFUNも慣らし終わったと思うので、EarthとSUNの違いは以前よりも分かると思います。

ゲインは自分も同じことを感じていましたが、単なる自分の思い込みだと思ってましたw
なんというか、ゲインが高いと音に落ち着きがなくて全体的にきつい感じがします。

投稿: 腸は死んだ | 2010-02-07 23:07

>腸は死んださん
CompassではSUNが良いと感じていたので、今もSUNV2のままにしています。EarthのほうがFUNの場合はバランスが良くなります。低域もSUNより出るようです。

ゲインに関しては、ACSSは電流をたくさん流した方が良い音がするのかな?くらいにしか考えていません。ボリュームが11時を過ぎたあたりから音が落ち着くような印象です。

投稿: Sulcata | 2010-02-07 23:35

読めば読むほど欲しくなります…
今のPC環境を強化するのにはもってこいですし
DACとしても使えて便利!
うーん欲しい
これはお金が貯まったら輸入するしかないです

投稿: つきじ | 2010-02-08 21:29

>つきじさん
国産も沢山出てきていますが、C/Pは抜群だと思いますよ。
円高のうちに…(笑)

投稿: Sulcata | 2010-02-08 23:13

こんにちは。
私も結局Ver.A+OPA-Earthに落ち着きました。
Ver.Aはさすがにデフォルトだけあってよくできてますね。
送料やpaypal手数料を含めても36500円ぐらいなので
コスパ最高です!

投稿: funfun | 2010-02-09 13:11

>funfunさん
はじめまして、ですよね!?

国内でもじわじわとAudio-gdの利用者が増えてきているようですね。これからの展開も楽しみです。

投稿: Sulcata | 2010-02-09 13:18

はじめまして。
audioGDいいですよね。

私はNFB-3を購入し
DIRが気になり
追加で9001を購入しました。

そこでこのブログを拝見したのですが
DIRの変更は結線が必要なんですね。。。

結線は半田ですよね???

投稿: うるふ | 2010-11-17 10:29

>うるふさん
はじめまして。
FUNではDIR9001+WM8741を使う場合には結線が必要ですが、NFB-3ではどうなのでしょう?
NFB-3の内部画像を見る限りでは結線の必要はないのかな?と思いました。
もし結線が必要な場合にはハンダごてが必要ですが、難しくはないですよ。

投稿: sulcata | 2010-11-17 12:56

お返事ありがとうございます。

NFB-3の場合、結線は必要ないとのことでした。(kingwa談)
じつはこのブログでaudio gdを知ったのですが
なかなかいいですよね。

アンプも気になりますが
なにしろでかいですねww

投稿: うるふ | 2010-11-18 11:58

はじめまして、audioーgdのファンです。

現在 NFB-3にdigital Interface version Aを繋いで使っていますが、この性能の機器がこれほど安価でいいのかと信じられないくらいのCPに驚いています。

恥ずかしい話ですが、正直メカ音痴の私ですので教えていただければありがたいと思います。

「NFB-3にあるRCAとACSSの切り替え釦」はどのような違いがあるのか、ちなみに現在は無意識に使っています。

投稿: エルダー | 2011-08-29 09:48

>エルダーさん
NFB-3は持っていませんが、outputのRCAとACSSのことですよね。
ACSS inputのあるアンプに繋げることでnon-feedback systemが出来るということと理解しています。
C-2やPhenixを繋げない限りは、RCA接続ということになります。

投稿: Sulcata | 2011-08-29 12:46

幼稚な質問にお答えいただき恐縮しました。

無知ゆえ今改めて確認しましたら案の定ACSSにしていました。
プロ用のパワーアンプにダイレクトに繋いでいますが、多分入力はACSSには対応していないと思います。

DACに関してはアキュフェーズ製品を中心に導入してきましたが、このNFB-3で初めて中華製品の個性的な音作りを知ることができました。

このたびは親切な回答をありがとうございました。

投稿: エルダー | 2011-08-30 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/47497798

この記事へのトラックバック一覧です: Audio-gd FUNの現状:

« 中華DAC&(Audio-Gd FUN) | トップページ | Weston3,UM3XとKlipsch ear chip »