« USB module upgrade | トップページ | ゲゲッ!日本代表? »

2010-07-11

Audio-Gd FUN ~New USB unit到着

Audio-GDからTenor-TE7022搭載の新しいUSBユニットが届きました。

Funte

 

 

 

Newusb1 Newusb2右が新しいモジュールです。

Tenor-TE7022とオペアンプはは裏面につけられていました。
何か問題があったんでしょうね…

 

インストールは元のモジュールを外して付けるだけと簡単ですが、接続ピンの本数が少なくなっていて初めは迷いましたが、ネジ穴が合うように付ければいいようです。

 

これで24bit/9kHz対応になりました。

DAレシーバーのDIR9001が24/96までの対応ですから、今のところこれで充分です。

送料込みで$45.7。円高の今なら買っておいたほうがいいと思います。

 

ちなみに送り出しのPCはFujitu LOOX T70Gという古いノートパソコンにUbuntu 9.04をインストールしたものです。

USB経由の音楽再生のみで考えると、9.04が一番使いやすいような気がします…

|

« USB module upgrade | トップページ | ゲゲッ!日本代表? »

コメント

TE7022Lの情報を探していて通りかかりました。
Audio-Gd FUNが96kHz対応の基板を別売りしていると聞いて気になっていたんですが、写真を見て納得できました。
TE7022Lは外部EEPROMから設定をロードしないと44.1kHzか48kHzでしか動作しないチップのため、
旧ユニットのほうはデフォルトの設定で動いているので48kHzまでしか対応できないはずです。
新ユニットで追加されているEEPROM(TE7022Lの下に付いている8pinのIC)で96kHz対応の設定を読み出して動作できるようになったと。
設定内容は公開されていませんが、対応周波数が項目に含まれています。

有用な情報ありがとうございました。

投稿: とおりすがり | 2010-09-11 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/48855540

この記事へのトラックバック一覧です: Audio-Gd FUN ~New USB unit到着:

« USB module upgrade | トップページ | ゲゲッ!日本代表? »