« ちょっと変えてみました。 | トップページ | バランス導入 »

2010-09-29

SOtM Brothers

自宅のWin7機ではネットをしながら音楽を聴いていることも多いので、『ナガラ用のPC audio』を組んでみることにしました。

本体はDellのCorei5搭載のデスクトップ機でOSはWindows7 Professional 64bitです。

 

 

 

 

今まではRATOC USB-DACを通してStealth Audio Player + ReClockで音楽を聴いていました。Windowsの設定はWASAPI排他モードです。

私の環境だとASIO4ALLでは奥行きのない音になってしまうので、Vistaの頃からWASAPIを使っています。

Audio Playerは他にもいろいろな選択肢があるのですが、Stealth Audio Playerが音の透明感や繊細感、高域の表現が私の好みに合っています。UIも曲または曲の入ったフォルダーを選んで、右クリックでコンテキストメニューから"Play with StealthAudioPlayer"を選ぶだけというのが気に入りました。ダウンロードして出来た"StealthAudio"フォルダー内にflac,Monkey's Audioを入れることでFLACの再生も可能です。
Minimalist Audio Player: Minimalist wasapi memory player
http://andy-audioplayer.blogspot.com/2008/12/minimalist-wasapi-memory-player_23.html
に詳細は載っています。

ReClockに関してはえるえむさんのサイトに設定等詳しく載っています。
メディアプレーヤーを何でも高音質化?ReClockの設定編 | Theme:Spatiality 3D - PCオーディオ研究
http://www.spatiality.jp/articles/reclock-2

 

今回はTwitterでも評価の高かった(一部で?)、SOtM tx-USBを導入することにしました。

Txusb1_2
PCIスロットに装着するオーディオボードですが、4pinコネクタの12V電源が必要です。
PCを開けてみたら、SATA用のコネクタしかなかったため、電源変換ケーブル(AINEX SA-075)を追加注文しなければなりませんでしたσ(^◇^;)

Txusb2_2
USB2.0のソケットが2基着いています。中央のトグルスウィッチでUSB給電のOn/Offを行います。今回はSOtM mDAC-2vを繋げることとしましたので、このスウィッチはOnにします。

Txusb3_2
アンプはTTVJ Millett Hybridを繋げました。

 

tX-USBを経由すると、背景の暗さが際立ちます。このために音の明瞭度や分離感が増すのが解ります。元々広かったmDAC-2vの音場がいっそう広くなりました。

さらに驚いたのは、軟らかい音色のDACだとの印象を持っていたmDAC-2vから出てくる音が芯の通った音に変わっていました。tX-USBにより給電能力が上がっているのかもしれません。以前にも増してmDAC-2vの専用電源の発売が待ち遠しくなりました。

 

 

デスクトップ機でUSB audioシステムを気軽に組もうという方には、tX-USBの導入は効果的だと思います。

 

|

« ちょっと変えてみました。 | トップページ | バランス導入 »

コメント

こんにちは。少々質問させてください。
Stealth Audio PlayerとReClockですが、そのような設定でStealth Audio Playerの音をReClock経由で出力できますか?
Stealth Audio Player内にReClockへ出力する設定が無いのでReClock経由が出来ないのが現状です。
是非ご教授いただければ幸いです。

投稿: audi | 2011-02-07 17:30

誤植大変失礼しました。

そのような設定でStealth Audio Playerの音をReClock経由で出力できますか?

どのような設定でStealth Audio Playerの音をReClock経由で出力できますか?

でした。

投稿: audi | 2011-02-07 17:32

>audiさん
player側でReclockに関しての設定をする必要はありません。これは他のplayerでも同じです。
Reclack Configulation > Advanced setting > Applications for ~で Only load ~にcheckを入れて、その下で Add > stealth playerをload alwaysにすれば設定終了です。


投稿: Sulcata | 2011-02-07 17:43

Sulcata様
ご教授ありがとうございます。早速設定、音源再生を愉しんでおります。
この度は貴重な情報を有難うございました。

投稿: audi | 2011-02-08 01:13

こんにちわ
自分もstealthaudioplayerを常用していて
やってみました。
reclockと一般に推奨されている組み合わせのKMplayerで、ファイル再生中にタスクバーに出る緑の時計マーク、それをクリックして出る再生中データのプロパティ、が
stealthaudioplayerの時には出ないので、reclockの動作が確認できないのが残念ですね。
(他のプレイヤーソフトでも同様でした。KMplayerだけが再生中の動作確認のプロパティを見ることができますね)
そもそもstealthaudioplayerは、playWASAPIという前身の、WASAPIモードでの再生ソフトの新型なので、自前でWASAPI再生ができるようなので、
さらにこれを通した時にどうなるか
興味があったのですが。
聴いてよければそれで善しなんですけどね。
やはり、Directshowというのが鍵なんでしょうか?
いずれにしろ、stealthaudioplayerは
いいですね。
では。

投稿: 音(ね)音 | 2012-07-05 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/49591905

この記事へのトラックバック一覧です: SOtM Brothers:

« ちょっと変えてみました。 | トップページ | バランス導入 »