« この米、気に入りました! | トップページ | DT1350もうひと弄り »

2011-04-20

さっそくDT1350 recable

"舌の根も乾かぬうちに"とは私のことでございます。

やはり高域が今ひとつと感じつつ、ばらし方が解らない…

 

ばぢるさんからの"嵌め込み"とのアドバイスをヒントにいろいろやってみたら開きましたよ。

 

で、さっそくおきまりのrecableです。

 

 

 

イアパッドは両面テープで留めてあるだけですので簡単にはがせます。

結構丈夫な両面テープですので、10回以上の張り替えには充分耐えてくれています。

さて、どこから開けるのか?

1350mod4

DT1350は左からのケーブル片出しですので、左のイアパッドを外します。
ケーブルの出ているところを6時の位置とすると、7時の位置にイアカップに出っ張りのあるところがあります(赤矢印)。その部分にマイナスのマイクロドライバーが入る余裕がありますので、ドライバーの先端を突っ込んで、テコの原理でエイッとするとドライバーが外れました。

 

これがテスラドライバーです。想像していたより小さい!
1350mod2

 

ケーブルは3芯で基盤に赤(R)、青(L)、白(ground)と接続されています。
基盤にはもうひとつ端子があるので、工夫すれば4芯ケーブルでバランスかも出来そうです。
1350mod1

 

元々のケーブルは金属のピンで固定してありました。引っ張れは簡単に抜けます。
1350mod3

 

 

ケーブルごと総入れ替え。いつでも元の状態の戻せます…しませんがσ(^◇^;)

使ったケーブルは手許のあったのがGothum GAC-4/1だけだったので、それを約1m使いました。4芯ケーブルですので、groundに2本使うことにしました。

プラグはオヤイデロジウム。プラグ側約15cmはいつものBlack Max形式です。
こちらもgroundは0.4mm銀線/銀メッキカプトン線を2本ずつ使いました。

プラグ内に計8本のケーブルが入ることになりオヤイデのプラグでは目一杯でしたが、どうにか詰め込みました。

 

完成形はこちら。

1350mod5

 

ケーブルを換えて20時間ほど鳴らしていますが、ようやく音がこなれてきました。

意図した通りの煌びやかな高域が出ています。音場も拡がって音の余韻が聴き分けやすくなりました。

これだけ小さなハウジングだとfo.Q(現在は販売終了)を塗ると低域が出なくなるので、今回はケーブルを換えただけで様子を見ながら弄ろうかと…(笑)

 

たぶん、これを聴いた人からは「DT1350の音じゃない!」といわれると思います。

5/7にはこれも持っていく予定ですので、聴きたい方は声をかけて下さい。

ネームプレートを首から下げていく予定にしています(爆)

|

« この米、気に入りました! | トップページ | DT1350もうひと弄り »

コメント

ネームプレート。。。(^^;;;
アイコンのワッペンでも十分にわかるかと。w

投稿: rabbitmoon | 2011-04-28 12:31

DT1350購入おめでとうございます! 早速リケーブルしたのですね。
ケーブルと中身の構造が気になっていましたが、バランス化しやすそうでちょっと購入意欲が湧いてきました!w

投稿: N-W-man | 2011-05-02 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/51446794

この記事へのトラックバック一覧です: さっそくDT1350 recable:

« この米、気に入りました! | トップページ | DT1350もうひと弄り »