« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011-04-26

SM4再登板とDT1350

先日、DT1350の中を弄って、吸音材をシンサレートに変更したところまで書きました。

確かに高域の伸びやかさは期待通りだったのですが、低域があまりにブーミー(>_<)


結局、シンサレートを取り除き、fo.Qをしっかりとキャビティー内に塗り直しました。

その状態で、シンサレートを入れたのですがブーミーさは減ったものの、音の開放感が失われてしまいました。


結局、吸音材は元から入っていたものをそのまま使うことにしました。
結果として、キャビティーのfo.Q処理をしただけとなりました。


アンプを何にするか?

K-Specだと若干駆動力が弱い感じで、ティンパニーの音がそれらしく再生出来ません。
Necoはそのあたりは改善されるのですが、ポケットに入れた持ち歩くにはちょっと大きすぎ(だいぶ薄着になりましたからね)。


それでは!とSM4を持ち出して、L&RのオペアンプをLT1028に替えてみました。
3rd&4thはオリジナルのままJRC NJM4556を使っています。


この組み合わせで、今日通勤のお供にしたのですが、DT1350改との相性は良さそうです。


しばらくはこれで聴いていこうかと思っています。


9日間連続勤務という状況での判断ですので、聴覚が少しおかしくなっているかもしれませんのであしからずm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-04-24

DT1350もうひと弄り

ケーブルを交換して4日間。

当初の目的通りに、高域の煌びやかさは出てきたのですが、やはりどうしても透明感が不足するのが気になっていました。

中も弄ってしまえ!

お決まりのfo.Qを薄く塗った後、吸音材をシンサレートに変更。
視聴しながら、量の微調整をしました。
もともと入っていたスポンジとフェルトがコンビになったドライバーのすぐ後ろは約3mm厚のシンサレートに、あとはキャビティーに薄く貼る感じで落ち着きました。

ようやく落ち着いて聴ける音になりましたが、1350の形をした、別のheadphoneになってしまいましたσ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-04-20

さっそくDT1350 recable

"舌の根も乾かぬうちに"とは私のことでございます。

やはり高域が今ひとつと感じつつ、ばらし方が解らない…

 

ばぢるさんからの"嵌め込み"とのアドバイスをヒントにいろいろやってみたら開きましたよ。

 

で、さっそくおきまりのrecableです。

 

 

 

続きを読む "さっそくDT1350 recable"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-04-17

この米、気に入りました!

気温が上がってきて、フルサイズのヘッドホンがツラい季節になってきました。

On-ear headphone、私がこの道にのめり込むキッカケとなったAKG K81DJもOn-earでした。

皆さんがよく使われているHD-25もOn-earの代表ですね。残念ながら、私の好みではありませんが…

 

Beyerdynamics T50pは遮音性の悪さで、試聴した時点で食指が動かなかったのですが、先日たぬきさんに聴かせて頂いたT5pはなかなかの好印象でした。ただ、ポータブル環境で鳴らし切れるのかが不安要素でした。それと価格面の問題が…σ(^◇^;)

 

 

そんな時、これが発表即発売になったのでつい手を出してしまいました。

お値段も手頃でしたし…

 

 

『悪即斬』ではなく、私の場合は『欲即買』の精神です(笑)

 

 

 

続きを読む "この米、気に入りました!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-04-09

NECO BOSSFETv2.1

NECO Portable V.2が気に入ったもので、その据え置きを聞いてみたいと思っていたところ、eBayに出品されていたのでポチりました。

DUAL-MONO MOSFET HEADPHONE AMPLIFIER BOSSFETv2.1 といいます。

neco_soundlabというイギリスのガレージメーカーですが、どちらかというとN.Beymenさんが趣味で作っているアンプのようです。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "NECO BOSSFETv2.1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »