« 4点サポート方式 | トップページ | 何となく買ってしまったもの1 »

2011-07-20

voyage MPDとAudiophilleo2

PC audioも大分世間に認知されるようになってきました。

私も昨年から ubuntuやそこからの派生ディストリビューションのlubuntuを使ってオーディオ再生を試みてきました。
ubuntu7.04搭載のNetWakerから出てくる音は未だに新鮮で好きな音色です。

MPD(Music Player Deamon)に関しては、lubuntuを使っていろいろ試してみたのですが、何せ情報が少なく上手く動かすことが出来ないでいました。

そのうちにHDtracksなどから24/96,24/192などのハイレゾ音源が入手可能になったため、Windows7 WASAPIを使用しての再生環境を作ってきました。

しかしながら、やはりlinuxを使って出てくる透明感のある音を忘れることは出来ませんでした。

そんな時にvoyage MPDの存在を知りました。

何回かインストールを試みたものの上手く行かなかったのですが、みみず工房さんPCオーディオ実験室 の記事を参考にしてどうにか導入することが出来ました。

 

 

 

 

最初はpentiumMの載っている時代物のnotePCに実験的にインストールしてみました。

100% テキストベースですので、かなり取っつきにくいのですが、liveCDはSSHでも操作できますので、Windows7からPedorosa を使いました。

インストール方法はみみず工房さんの方法を主に参考にさせてもらいましたが、ほとんどPedorosaへのコピペで済んでしまうので、思うほど難しくはありません。
詳細はそちらを参考にしていただいた方がよろしいかと思います。

SOtM dX-USB HDを経由しての音を聴いてビックリ。
透明感のみならず音の瑞々しさが際立っていました。
もうWindowsで音楽を聴く気がおきない…

voyage MPDは4G程の容量で動いてしまいます。

現在はvoyage storeで購入出来るstarter kitをナガラ用のメインに設置しています。
購入当初はver0.70でしたが、Kernel 2.6.39.3 , MPD 0.17 , ALSA 1.0.24の状態にまで改変してしまいました。

Alix1

Alix2

StarterKitのボードですが凄く小さいです。ケースはアルミ製でしたので中にfo.Qを塗布。組 み立てた上で外装にコルクを貼りました。見栄えとちょっとは防振効果を期待してです(笑)

これに組み合わせるDDCですが、たまたま? Audiophilleo2 を入手していました。

Audiophilleo

BNC端子使用ですが、付属の変換端子で直接DACに接続します。

RAL-24192,dX-USB HDと聴き比べましたが、NFB-11のSabre ChipとはAudiophilleoのほうが音場感などで有利と判断しました。聴き比べるときはdigital cableを使いましたが、現在は直接NFB-11に繋げています。これぞ本当のCablelessですよね!ケーブルを使わない方が音は新鮮です。

メインのオーディオにもvoyage MPDを導入しようということで

AcerAcer Veritonが安く入手できたので、これにインストールしました。

dX-USB HDを経由してFUNに接続しています。

Linuxはubuntuなら10.10から USB audio class2.0に対応していますので、Macにドライバーなしで接続できる24/192対応の機種はそのまま認識してくれます。
ただメインマシーンとの相性があるようで、試験的にインストールしたpentiumMのPCではRALは認識するのですが音出しに失敗しました。
このあたりは原因がよく解りません。

 

もっと機器構成とかを詰めていけば、もっと素敵な音が出てきそうです。

 

これだけの投資でこの音が出せてしまうんですねえ…

 

やり始めるまでは敷居が高いと感じるかもしれませんが、先達が道を作ってくれているので導入は簡単です。

 

みなさんもどうぞ(笑)

 

 

|

« 4点サポート方式 | トップページ | 何となく買ってしまったもの1 »

コメント

I would like to propose not to hold off until you earn enough amount of money to order goods! You should just get the business loans or just auto loan and feel yourself comfortable

投稿: Sofia25Richardson | 2011-07-28 00:23

はじめまして。
いつも記事を参考にさせて貰っています。
私もVoyage mpd starter kitを導入しまして、
今はAudio-gdのNFB-3にUSBで直接繋いで使っています。
DDCを導入を検討していまして、
同社のDigital Interfaceを96kHzにアップサンプリングして使用したいと思っています。
もしVoyage mpd starter kitがDigital Interfaceを認識し、音が出せるかご存知でしたら教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

投稿: 田中 | 2011-10-13 22:16

>田中さま
はじめまして。

Digital Interfaceを認識して音を出すことは可能です。
若干甘めの音になってしまいます。USB chipがTenorなので致し方のないことと思いますが…

投稿: Sulcata | 2011-10-13 23:54

貴重な情報ありがとうございます。甘くなってしまいますか。
現在はNFB-3からC-2Cに繋いでいまして、
少し高音域の量や伸びが足らないと思っています。
Audio-gdのFUNやNFB-3などのWM8741DACは
96KHz以上にアップサンプリングしなければ
高音域がロールオフされてしまうフィルターを通ると耳に挟みまして、
それが原因なのかなと思い、アップサンプリングが可能なDigital Interfaceをと考えていました。

投稿: 田中 | 2011-10-14 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/52255413

この記事へのトラックバック一覧です: voyage MPDとAudiophilleo2:

« 4点サポート方式 | トップページ | 何となく買ってしまったもの1 »