« voyage MPDとAudiophilleo2 | トップページ | Tube rolling & PS-500 »

2011-09-28

何となく買ってしまったもの1

ヘッドホンアンプをポチり。

 

個人輸入するよりも、送料とアフターを考えると安く感じてしまったものでつい…

 

 

 

Schiit LYRです。

国内ではセカンドスタッフが代理店になり、Online shopで購入出来ます。

6W/ch(32Ω)という、ヘッドホンアンプとしては考えられないほどの高出力を誇るMOSFETと真空管のハイブリッドアンプです。

Lyr1

Lyr2

手のひらに載るほど、意外ととコンパクトで3kg強の重量です。

真空管を使っているので本体はかなり暑くなります。これからの季節には向いているかも…

真空管なので音質が安定するまでに時間がかかりますが、100時間ほどburn-inした印象です。
付属の真空管はGE 6BZ7でした。

voyage MPD > S0tM dx-USB HD > audio-gd FUN(DAC chip WM8741 , DIR WM8805) > LYRと繋いでいます。

低域の質感が高いのが印象的。
但し高域はharshな印象で中域もややdryな音がします。

時間が経つにつれその印象は和らぎましたが、全体の傾向は変わりません。
クラシックを聴くには向きません。女性ボーカルも??ですかね。

 

Head-fiではSchiit Lyr - The tube rolling threadが132ページ(9/28/11)にもなっています。
ここを見ながら真空管を注文してみました。

ようやく届いたのが

Tube1

Cryosetで購入した6N23Pです。ソビエト連邦時代の軍用真空管をなんとCryo処置したものだそうです。真空管のCryoって効果あるんですかねえ?

とにかく交換してみました。

出てきた音は…中域から高域に艶が乗り、高域の荒れが消えています。
これなら良いかも!しばらく鳴らさないと本領を発揮できないので、今日はここまで。

 

他にtubemorganにもLorenz 3-micaを発注してしまいました。

 

しばらく楽しめそうです(笑)

 

 

 

|

« voyage MPDとAudiophilleo2 | トップページ | Tube rolling & PS-500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188078/52856039

この記事へのトラックバック一覧です: 何となく買ってしまったもの1:

« voyage MPDとAudiophilleo2 | トップページ | Tube rolling & PS-500 »